ローンの代表格が住宅ローンであることは、多くの人の共通意識と言えるでしょう。

きちんと組めばきちんと返せる!賢いローン活用術

住宅のために

資産の代名詞といえば、やはり、住宅になるでしょう。
住まいのためでも、あるいは、投資のためでも利用している人が、多々いることかと思います。
しかし、住宅といえば、やはり、自分の居場所として、利用する人が多いかと思います。
そんな住宅を購入するには、一括では、非常に難しい面があります。
そのため、一般的には、住宅ローンを利用し、分割返済をすることで、住まいを購入しています。
戸建でも、マンションでも、どちらもで、利用できます。
今では、注文住宅を建築する人も多く、もちろん、それでも、住宅ローンを利用できます。
そんな住宅ローンは、目的別ローンであり、住宅購入にしか使えないようになっています。
しかも、長期返済が前提であり、少額融資よりは、金利が低めですが、トータルで見れば、相当な負担となるケースもあります。
中には、定年退職までローンを支払っていたり、あるいは、定年後もローンに追われている人もいます。
それだけ、住まいの購入とは、大きな買い物なのでしょう。
また、住宅ローン、担保ローンの一種でもあります。
つまり、支払不能になった時のために、金融機関が当該住宅に抵当権を設定し、もしもの際に、市場売却できるようにしています。
完済すれば、この権利も消滅するようですが、それまでは、実質の所有者が、金融機関ということです。
いずれにせよ、住宅ローンは、ローンの代表格です。
長期返済を前提とした大口融資であることに間違いはありません。

Copyright (C)2017きちんと組めばきちんと返せる!賢いローン活用術.All rights reserved.